エアロムースミネラルファンデーション楽天

2016年11月01日

スーパー大麦の良いところ♪手軽に簡単ダイエット

スーパー大麦とは

オーストラリアが10年かけて作った肥満解消や大腸ガン向けに作られた食べ物。


スーパー大麦には食物繊維が豊富なため、ヤセ菌を増やすことを目指せます。


スーパー大麦の特徴である、食物繊維とレジスタントスターチについて説明します。

食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類があり、それぞれバランスよく摂取することが大切です。それには水溶性食物繊維の割合を多くするのがポイント。不溶性食物繊維に偏ってしまうと、逆に便秘を悪化させることも。

白米や玄米が不溶性食物繊維の方が多いのに対し、大麦は水溶性食物繊維の方が多い珍しい穀物なんですよ。

不溶性食物繊維

腸内でほとんど消化されず、腸を刺激してぜん動運動を促します。 便通を良くして、便の量を増やしてくれるので便秘の解消に役立ちます。

水溶性食物繊維

体内で水分を吸収し、ゲル状になるのが特徴。善玉菌のエサにもなります。

スーパー大麦には普通の大麦の2倍の水溶性食物繊維が含まれています。 中でも注目したいのが「βグルカン」と呼ばれる成分。 各国が機能性食品表示を認めているほどで、食後の血糖値急上昇の抑制、腸の機能の維持、排便を促す、コレステロール値を下げるなど、その働きは多岐にわたります。

レジスタントスターチ

レジスタントとは、「抵抗する」を意味する形容詞。スターチは「でんぷん」のことです。 ここでの抵抗とは、小腸まででの消化に対する抵抗を意味するので、レジスタントスターチを適切に訳すならば「難消化性でんぷん」となります。

でんぷんは通常、小腸までで消化されてしまうのですが、レジスタントスターチは消化されずに大腸まで届きます。 大腸まで届くと、食物繊維のように働きます。排便を促し大腸内をキレイに。さらに善玉菌のエサとなり、善玉菌が住みやすい弱酸性環境を作る助けになります。もちろん悪玉菌は住みにくくなります。つまり腸内環境を良くするということですね。

レジスタントスターチは、ご飯やパスタなどをあえて冷やすことで増やせます。

「冷ご飯ダイエット」という方法も、よく見かけるようになりましたよね。レジスタントスターチ化することで摂取カロリーも抑えることができるんですよ。

このレジスタントスターチが、スーパー大麦には普通の大麦に比べてなんと4倍も含まれているんです。

カルシウムの多い乳製品と一緒に摂取すると

肥満解消に有効的。

食物繊維と乳酸菌はやはり黄金コンビなんですね。


食べ方としては


グラノーラタイプのスーパー大麦なら、調理をする必要がなくそのまま食べられるので、コーンフレークのように牛乳をかけたり、ヨーグルトやアイスクリームにトッピングしたりと様々な食べ方ができます。手軽に食べられるので、時間がなく忙しい時の朝食やおやつにも良いですね。
スーパー大麦の食物繊維の効果が期待できるお勧めの食べ方は、朝食や食事の前に食べることです。後から食べる食事の血糖値の上昇を緩やかにしてくれる効果が期待できますよ。



posted by じん at 18:29| Comment(0) | 美味しい食べ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: