エアロムースミネラルファンデーション楽天

2013年04月18日

吉野家の「鳥天丼」がスゴイ件

吉野家の牛丼はどうしてあんなに美味しいのだろうか? 「はじめて吉野家の牛丼を食べたときの衝撃が今も記憶に残っている」という人がいるほど、その味は深い。皆さんも、急に吉野家の牛丼が食べたくなることがあるのではないだろうか?
 
・日本にはない奇抜な料理
タイの吉野家では、日本にはない奇抜な料理が提供されている。たとえば「鳥天丼」や「牛春巻き」がそれだ。今回は、実際にそのふたつを食べてみることにした。はたして美味しいのだろうか?
 
・衝撃の大ボリューム! 鳥天丼
鳥天丼(約360円)は唐揚げと野菜のかき揚げが盛られた丼料理。メインの唐揚げよりも存在感をアピールしているのが、人参のかき揚げ。あまりにも大きすぎて、丼から豪快にはみ出しているではないか! 見た目は脂っぽそうに思えるが、実際に食べるとザクザクしてて食感が良く、あまり油っぽくない。
 
・上品な唐揚げの味を堪能
鳥天丼なのに筆者(私)があえて「唐揚げ」と表現している理由は、天ぷらというより唐揚げに近い見た目と食感をしているから。箸でつまむとフニャッとしていながら、わずかに残った衣のザラッとした感触が箸から振動として伝わってくる。その味は薄味で、鶏肉のウマミをストレートに感じる味付け。ぶっかけられたタレが濃くないので上品な唐揚げの味を堪能できる。


yosinoya.jpg



posted by じん at 01:24| Comment(0) | 美味しい食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: