エアロムースミネラルファンデーション楽天

2013年04月04日

マンゴー。美味しい食べ方。



意外と知らないマンゴーの食べ方

 マンゴーは収穫後、常温で置いておくと熟成します。これを追熟といいます。メロンやバナナなどの果物も追熟型です。一般的にマンゴー(アーウィン種)は、収穫直後が美味しいと思われがちですが、実は収穫から3日〜7日くらい常温で保存し追熟させてから食べたほうが美味しいのです。マンゴーを追熟させる理由は、酸味を抑え味に深みを出し、果肉を柔らかくするため。だから島さんのマンゴーは、クールではなく、常温発送してます。また、島さんのマンゴーは樹上で完熟させて収穫するので、追熟期間も短めでOKです。好みで調整して下さい。


マンゴーの追熟のやり方

1.マンゴーの箱を開けてください。直射日光を避け、風通しの良い場所で保存して下さい。
2.最低一日に一回は柔らかくなりすぎてないか、黒い斑点等が出ていないかを調べ下さい。
3.もし黒い斑点があったら、それ以上の追熟は避け斑点 箇所を取り除いてからお召し上がり下さい。



1.最初にマンゴーを縦にします
そして、中心から少し右から
包丁を入れて切ります
種に当たらないように
気をつけましょう。

manngo-1.jpg

2.反対側も同じように切りましょう
真ん中の種がある部分は、後で皮をむいてかぶりつくととてもおいしいです。ここがたまらなくおいしいという人もいるぐらいです

manngo-2.jpg


3.切ったマンゴーを皮を切らないように縦と横に包丁を入れます
力まずに包丁を入れましょう

mango-3.jpg

4.切れ目を入れたマンゴーを皮の方からひっくり返します
この時、力を入れすぎないようにしてください

mangocut4..jpg

5.これでテレビなどで出てくるようなキレイでおいしそうなマンゴーのできあがり!
意外と簡単ですよね

mangocut5.jpg



マンゴーのバナナ切り

manngo-banan.jpg









posted by じん at 23:30| Comment(1) | 美味しい食べ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
Posted by 株のコツ at 2013年06月05日 11:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: